FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

吉永小百合が卑弥呼になる

 【新商品】【新入荷】【新柄】ソドヨン NEWクリアファイル2
 女優の吉永小百合(62)が、来秋以降に公開予定の映画「まぼろしの邪馬台国」で、女王・卑弥呼を演じることが11日、明らかになった。同作は、長崎から熊本一帯に邪馬台国があったという説を唱えた全盲の文学者・宮崎康平さんと妻・和子さんの夫婦愛を描いた実話に基づく作品。吉永は和子さん役を演じるが、康平さんが想像する卑弥呼にもふんするが「鮮やかに演じたい」と意気込んでいる。
 小百合が伝説の女王になる。卑弥呼が生きたとされるのは、約1800年前の弥生時代後期。小百合は、02年に平安時代を舞台にした「千年の恋 ひかる源氏物語」で紫式部役を務めたが、古代の女性にふんするのは、長い女優人生でも初めてとなる。
 小百合が卑弥呼を演じるのは、竹中直人(51)演じる康平さんがイメージする邪馬台国のシーン。10月末から開始される撮影では、白のドレス風の衣装に勾玉(まがたま)などの首飾りや髪飾りをつけた当時の姿を再現する。
 ロケは佐賀・吉野ケ里遺跡で行い、エキストラを多数使って大規模に行う計画。メガホンを取る堤幸彦監督は「3分40秒ほどのシーンだが、力を入れる」と意気込む。
 卑弥呼のシーンに注目が集まりそうだが、「まぼろしの-」のメーンテーマは夫婦愛。盲目ながら長崎・島原鉄道の常務から文学者となり、西九州一帯に邪馬台国があったという説を記した著書「まぼろしの邪馬台国」で古代史ブームを巻き起こした康平さんと妻・和子さんの半生を描く...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


ハピ割!25%OFF!挑発(DVD) ◆25%OFF!


◆女優 映画関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

2007年09月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ公開する

トラックバック

トラックバックURL
http://aishiyeru.blog104.fc2.com/tb.php/206-e0238c6d

芸能アラカルト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。